IPアドレスって何?

パソコンを利用していくと色々な専門用語が出て来るものです。中には特別知らなくてもパソコンを利用する事が出来る用語もあるのですが、覚えておくことで知識が向上してスキルを上げることが出来る専門用語もあるのです。例えばIPアドレスという専門用語が有ります。これの意味はどのようなことなのかなのですが、コンピューターはインターネットの中に有る1台に過ぎません。インターネットの中には膨大な量のウェブサイトがあり、それぞれのウェブサイトにアクセスする時はURLと呼ばれるアドレスをブラウザに入力するなどしてウェブサイトにアクセスをしています。このURLと言うのは人間にとって理解し易い文字列で作られているのが特徴で、覚えやすい文字列になっています。しかし、実際にウェブサイトにアクセスをする時は、このURLの情報は一旦DNSと呼ばれるサーバーに送られ、そこで数字変換が行われるのです。この数字はウェブサイトのIPアドレスであり住所となるものに変換され、同一のIPアドレスのサーバーをインターネットの中から探し出しているのです。即ち、IPアドレスと言うのはコンピュータ1台1台を識別するためのもので、同一のIPアドレスというものはインターネットの中には存在していないと言う意味になるのです。因みに、IPと言うのはInternet Protocolの略語になります。尚、IPにはグローバルIP AddressとプライベートIP Addressの2種類があるのですが、何故2つの種類があるのかです。グローバルIP Addressは先ほど説明をしたように、インターネットの中に有るサーバ等のアドレスになるのですが、プライベートIP Addressと言うのは個人が利用しているパソコンのアドレスとして存在しているものなのです。個人の人が利用しているパソコンは、プロバイダとの契約を行ってインターネットの接続が出来るようになっています。ルータにはグローバルIP Addressが割り当てられるのですが、ルータには複数のパソコンを接続する事が可能になります。ルータは、インターネットを接続するための代表的なグローバルIP Addressを持っていますが、ここに複数のパソコンを接続するとどのパソコンが接続されているのかが解りません。そのため、個別のパソコンを認識させる意味で利用されるのがプライベートIP Addressになるのです。このように個別にアドレスを設けることでそれぞれのパソコンの認識が可能になるという事なのです。