ドメインにはどんな種類があるのか

よくアドレスの部分にcomやらnetやらという拡張子のようなものが見受けられるかと思いますが、あれがドメインであり、そこから見ていけば分かる通りにドメインには幾つかの種類があります。まずは多くのところで見かけるcomはその見かける頻度の通りにドメインの中では最も利用されているものであり、それは国内だけでなく世界規模で登録されています。そして次のnetは、こちらも誰もが登録できて、主に掲示板やらネットショップのサイトで利用されることが多いものです。次にbizという種類のがありますが、こちらはその読み方通りにビジネス向けのサイトに使われることが多いものです。またニュースサイト等でよく見かけたことがあるかもしれませんがinfoというのもあり、こちらは見かけた場所通りにニュース情報のサイトで利用され、他にはキャンペーンのサイトにも用いられることが多いものです。次にnameという種類がありますが、こちらはその名前という名の通りに自分の名前をドメインとして登録することができる種類のものです。利用する場面としては自分が管理するメールやホームページに使うのが一般的でしょう。また普段から検索サイトを利用している人にとってはjpというのも見慣れたものでしょう。このjpはjpというジャパンという名の通りに日本国内の法人や団体が登録対象となるものであり、ある程度の条件が設けられて登録することができます。しかしそれだけに非常に信頼度が高く強力な種類のものにもなっています。次にorgというものを見かけたことがあるかもしれませんが、こちらは組織し組織でも非営利組織向けのものです。ただ制限は設けられていないので誰でも登録ができます。次にmobi、モバイルを思わせる名称通りにそのモバイル向けのホームページに利用されるものであり、そのような規定もあって利用されます。次にtelは電話を思わせる名称から連想できる通りに個人と法人問わず連絡先の情報へとアクセスするのが目的のものです。これによってその情報を登録するだけで誰でも簡単にネット上に自分のサイトを公開することができます。これらは日本でも利用されるものですが、他にもインドで使われるin、アメリカで使われるus、台湾で使われるtwと国ごとの専用のドメインも存在します。一般としてはほとんど利用するのならcomぐらいのものですが、こうした用途を覚えておけば実際に自分がサイトを作成する際に役に立つでしょう。