サーバーの構築方法について

パソコンはデスクトップ用途で使うことが大半ですが、アーキテクチャーやハードウェア内容としてはサーバーとそれほど変わりません。サーバーの役割はデータベースへのデータの登録や削除、データベースからデータを取り出して、そのデータを加工したりすること、科学技術計算の実行、Webサイトの構築などです。動画の編集や文書作成やネット閲覧など一般的な用途に使われるパソコンと比較して、サーバーはデータを管理し、データを取り出して加工するなどに特化しているコンピューターであると言えます。どのようなデータを取り扱うかによってサーバーを構築する為に必要なソフトウェアが違ってきます。Webサイトを構築する場合、Webサーバと呼ばれるソフトウェア上にサイトのHTMLファイルなどを置き、必要に応じてデータベースソフトウェアもインストールします。これらのファイルとソフトウェアを使って回線の用意とネットワークの特定のポートを開放することで、Webサイトを自前で用意することが可能となります。プリントサーバやファイルサーバの場合には、省電力性の高いパーツを組み合わせて構築していくことになります。複数の端末をネットワークに繋げてファイルを共有したり、プリンターを共有したりすることが可能です。サーバーの構築方法としては耐久性の高いパーツでマシンを組み上げた後、専用のOSやソフトウェアを組み込むことになります。ネットワークやポートの設定などを施して、機能が使えるようにしていくことになります。電源の選別も大切な要素であり、長期間の運用を視野に入れて高耐久性で大容量の電源を導入することが必要です。データベースを使った処理がよく行われますが、データベースソフトウェアの選択もOSやソフトウェアに対応していたり、インターフェースを導入することで色々な種類のデータベースソフトウェアを導入することが出来ます。プログラミング言語とデータベースの相性を考慮してデータベースを選択しても良いでしょう。大量の処理をしたい場合にはマシンパワーが要求される為、マシンの性能を強化していくことが出来る構成にしておくのも良いです。大容量のメモリを搭載したり、高速なプロセッサを搭載したり、SSDやHDDをRAIDで構築したりすることでマシンを強化することが可能です。マザーボードによってはデュアルプロセッサの構成で非常に強力なマシンを作ることも出来ます。