粉末の米ぬか洗剤

   

米ぬかを主成分として作られた米ぬか洗剤は、合成界面活性剤などの化学薬品を一切使用していないために人に無害であるだけでなく、環境に対してもやさしい洗剤です。洗濯をすれば汚れた水を排水するわけで、その汚水の中には合成洗剤に含まれた薬品が解け出しています。その汚水は下水を通って地下に流れ、最後には地球の環境を汚すことになります。
その点から考えても、米ぬかで作られた洗剤は、私たちの健康に被害を及ぼすことがないだけでなく、化学薬品で地球環境を汚すことのない、安全な洗剤なのです。
ただ、米ぬかだけで洗濯をしてもいいのですが、それ以上の効果を求めるならば、米ぬかを主成分として酵素などが入っている洗濯洗剤を選ぶと良いでしょう。

合成洗剤の危険性

合成洗剤は洗浄力が高いということで人気が高いのですが、実際のところとても危険なのです。何が危険かというと、その中に合成界面活性剤が入っていることが挙げられます。界面活性剤というのは、本来混じり合うことのない水と油汚れを、混じり合うようにしてくれるものです。このことにより衣服の繊維と皮脂汚れの間に入り込み、汚れを浮かして取り除いてくれる働きをします。
これだけなら問題はないのですが、問題はこの界面活性剤というのが石油製品だということです。界面活性剤は汚れを落とした後も衣服に留まり、すすぎをいくら繰り返しても完全には取り除くことができません。この毒性の高い界面活性剤は浸透力も高いのです。その為に衣服を着た人の身体の汗などに反応して溶け出し、結局は人体へと入り込むことになります。そして、毒は皮膚から入り込み、血管内に侵入して体全体を巡ることになります。
それではこのようにして体内に入り込んだ毒素はどんな悪さをするのでしょうか。まず、界面活性剤は、毒素を分解する肝臓でも取り除くことはできません。それどころか肝臓の細胞を破壊し、発ガンの原因にもなってしまうのです。また、白血球や赤血球にも悪さを仕掛けますし、たんぱく質も破壊します。この他にも奇形児の生まれるリスクが高くなったりするのです。

粉末洗濯石鹸の使い方

洗濯をするときは、界面活性剤の入った合成洗剤よりも、粉末の洗濯石鹸の方がより安全性は高いです。ただし、使い方を間違うと、石鹸の粉が洋服について残っていたりします。そこで粉末の物を使う場合はちょっとしたコツが必要になります。
粉末洗濯石鹸は界面活性剤が入っていないために水に溶けにくいのです。それで、洗うときには洗濯ネットを使用するようにします。これには粉石けん用のネットが売られていますが、ストッキングを使うという方法もあります。粉石けんをストッキングに入れて使用するのです。こうすることにより大きな粉の粒子が衣服に付着するのを防いでくれます。
他の方法としては、粉石けんをあらかじめぬるま湯で溶き、それを水だけを入れた洗濯機の中に投入して2、3分洗濯機を回して泡立てます。その後に衣類を入れて洗濯をすれば、石鹸のカスは残りません。

ピックアップ記事

米ぬか洗剤で汚れを落とす

現在は合成洗剤という便利でとても落ちやすい洗剤があるので、どうしてもそちらを使用しがちですが、それではそのようなものがなかった時代は、一体どのようにして洗濯をしていたのでしょうか。もっとも原始的な方法...

粉末の米ぬか洗剤

米ぬかを主成分として作られた米ぬか洗剤は、合成界面活性剤などの化学薬品を一切使用していないために人に無害であるだけでなく、環境に対してもやさしい洗剤です。洗濯をすれば汚れた水を排水するわけで、その汚水...

スプレー式米ぬか洗剤

洗剤はスプレーにするとより一層便利になり、使い勝手がよくなります。洗濯の際、襟や袖の汚れは事前に振りかけておくことで汚れが数段落ちやすくなりますし、布ナプキンなども軽く経血の汚れを落としてからスプレー...

布ナプキンと米ぬか洗剤

女性にとってナプキンは必要不可欠なものですが、生理中にナプキンをつけることで、内部が蒸れてしまうという不快な出来事が生じます。これは紙ナプキン自体が通気性の乏しい素材でできているために起こることです。...


活用法