布ナプキンと米ぬか洗剤

   

女性にとってナプキンは必要不可欠なものですが、生理中にナプキンをつけることで、内部が蒸れてしまうという不快な出来事が生じます。これは紙ナプキン自体が通気性の乏しい素材でできているために起こることです。また、粘着テープは一層湿気を内部に閉じ込めてしまいます。
そこで一度使ってほしいのが布製のナプキンです。布ナプキンの繊維には小さな空間があるので、湿気が抜けていくのです。蒸れはかゆみやかぶれを起こしますし、化学繊維が肌に合わない人もいます。ただ、布ナプキンはいちいち洗う手間があります。そして洗う場合は、化学洗剤を使うよりも天然の洗剤である米ぬかを使う方が安全で肌にも優しいのです。

布ナプキンの効果

布ナプキンは蒸れによるかぶれやかゆみを軽減するだけではありません。これを使用することで生理が軽くなることがあるのです。そして長い目で見れば不妊症改善や女性特有の病気にも予防効果が期待できるのです。
これに対し紙ナプキンは石油などの化学繊維でできています。そして様々な化学薬品が含まれているのです。その化学薬品がナプキンを通じて肌に入ってくることになります。これは決して良いことではありません。デリケートゾーンのかゆみを緩和する薬も販売されていますが、このかゆみの原因が紙ナプキンにあるのならば、布ナプキンに替えるだけでこのような不快感は解消します。
また、布ナプキンは冷え性も改善します。布は紙とは違い格段に温かいので、血液循環を改善します。子宮が冷えれば子宮筋腫や子宮内膜症の原因にもなるのです。ただ、問題点もあります。それはいちいち洗濯をしなくてはないことと、使い捨てにはできないことです。しかし、これも洗剤を選ぶことで解決できます。

布ナプキンは米ぬか洗剤で洗おう

布ナプキンはまずさっと手洗いをして経血を軽く洗い流します。それから米ぬかを溶かしたお湯につけおきします。そして濯げば終わります。米ぬかには微生物が生きており、その微生物が汚れを分解することで汚れが落ちるのです。
これを合成洗剤で行うと、そこに含まれている蛍光剤やケミカル成分が布ナプキンを通じて肌に吸収されることになり、せっかくの布ナプキン効果が失われてしまいます。ですから、布ナプキンを洗う際は合成洗剤は使用せずに、純度の高い石鹸やオーガニックのもの、米ぬか洗剤で洗う方がおすすめです。この中でも米ぬかは、わざわざ買わなくても玄米を精米することで作られるため、それを利用すればいいので便利でもあります。

ピックアップ記事

米ぬか洗剤で汚れを落とす

現在は合成洗剤という便利でとても落ちやすい洗剤があるので、どうしてもそちらを使用しがちですが、それではそのようなものがなかった時代は、一体どのようにして洗濯をしていたのでしょうか。もっとも原始的な方法...

粉末の米ぬか洗剤

米ぬかを主成分として作られた米ぬか洗剤は、合成界面活性剤などの化学薬品を一切使用していないために人に無害であるだけでなく、環境に対してもやさしい洗剤です。洗濯をすれば汚れた水を排水するわけで、その汚水...

スプレー式米ぬか洗剤

洗剤はスプレーにするとより一層便利になり、使い勝手がよくなります。洗濯の際、襟や袖の汚れは事前に振りかけておくことで汚れが数段落ちやすくなりますし、布ナプキンなども軽く経血の汚れを落としてからスプレー...

布ナプキンと米ぬか洗剤

女性にとってナプキンは必要不可欠なものですが、生理中にナプキンをつけることで、内部が蒸れてしまうという不快な出来事が生じます。これは紙ナプキン自体が通気性の乏しい素材でできているために起こることです。...


必要なこと